夏期準備講座講座概要

駿台の夏期準備講座で、ワンランク上の受験を目指そう!

海外の現地高校・インターナショナルスクール等へ通学している皆さんの中には、日本での帰国生入試による大学受験を考えている方がいらっしゃると思います。駿台国際教育センターでは、今年の夏に一時帰国し、9月から新12年生になる(1年後に高校を卒業する)皆さんに向けた、大学受験(帰国生入試)準備のサマーセミナーを実施いたします。
本セミナーは、海外では得ることのできない学習内容を教授するとともに、入試情報(帰国生入試)の提供もいたしますので、一足先に早めの準備を進めてください。また、国内の高校生で帰国生入試の受験を考えている方、国内のインター校生にも最適の講座です。

対象

  • 海外子女新12年生(新12年生以外も参加可能)
  • 海外から日本の高校編入者で帰国生入試を目指す方
  • 国内のインターナショナルスクール在学の方 など

受講特典

駿台国際教育センターが開設する「帰国生大学受験コース」の入会金(30,000円)が免除になります。
これからの進路や入試に関すること、また今後の学習方法について等、受講者全員に個別カウンセリングを実施いたします。
各大学の入試問題(一部非公開の大学を除く)、および帰国生入試を実施している主要大学の募集要項を自由に閲覧できます。
1年後に控える帰国生入試に向けて、「入試ガイダンス」および基礎学力を診断する「帰国生基礎学力テスト」を、夏期準備講座受講生は無料で受けることができます。
<日程> 6/24、7/8、22(すべて土曜)のいずれかにご参加ください。
<教科> 英語・国語・数学(数学は理系志望の方のみ受験となります。)
<時間> 入試ガイダンス 9:30~9:55 英語 10:00~10:50
     国語 11:00~11:50 数学 12:00~12:50

帰国生入試では早い段階からの準備がとても重要

1.帰国してから入試が始まるまでの期間が非常に短い。

多くの皆さんは6月に卒業・帰国しますが、9月には早・慶・上智大をはじめとする難関私立大の入試が始まります。当然のことながら、実質2ヶ月間の準備期間で出来ることは限られています。

2.実力勝負の入試が多くなっている。

有名校・人気校への合格を勝ち取るためには、日本の大学においても通用する高い実力が必要とされています。

3.日頃の積み重ねが重要な科目が多い。

小論文はただ「書ける」だけではなく「考える」ことも重要になります。また英語では文法問題や和訳などが多く出題されます。いずれも基礎を身に付けていなければ太刀打ちできません。

4.TOEFLやSATなどのスコアが合否に直結する。

出願の際、TOEFLスコアの基準を設けているところもありますが、たとえ明示していなくて、TOEFLやSATのスコアを合否の判断材料として用いられる場合があります。

2016年度夏期講習 受講生の声

大切なところを繰り返し強調してくださったので、ポイントを抑えることができた。ノートの取り方が改善されて、リスニングがやりやすくなった。リーディングを解くスピードや正答率が徐々に上がっていったのが、自分でも実感できた。ありがとうございました。試験頑張ります!

(TOEFL<100-80> 受講生談)

初めて駿台の小論文を受講して、色々な国から来た人や違う価値観を持った人と一つの物事について考えることはすごく刺激的で、これからの自分を成長させてくれました。講師の先生一週間本当にありがとうございました。先生の話は、すごく引き込まれるものがあり、また機会があったら、先生の授業を受けたいと思います。

(帰国生の小論文 受講生談)

先生方の授業は、とてもわかりやすく、丁寧に教えてくれたので、難しい問題も理解することができた。また、理系の帰国生入試の出題傾向や帰国後の勉強の仕方など現地に戻ってからも勉強が継続できるようアドバイスを頂けたことは、塾や補習校などが現地になく、個人で勉強をしなければいけない私にとってはとてもありがたく、貴重な時間でした。ありがとうございました。来年も是非とも教わりたいと思います。

(入試理科入門 受講生談)

Web教務室“Birds”の利用

大学入試データや出願等に関する情報、その他各大学の要項発行状況やオープンキャンパス情報等や駿台国際に関するトピックや連絡事項などをWeb上で確認できます。

短期寮・宿泊施設ご希望の方へ

お申込手続き完了のお知らせとともにWeb教務室“Birds”のID・パスワードをご案内いたしますので、ご希望の方は“Birds”より帰国ナビ(寮・通学編)をご参照ください。