帰国生大学受験コース文系東大・京大・一橋大コース

大学別・志望学部別対策のトップレベル!

学力診断テスト6/19

対象入試

2019年度入試
2018年9月→2019年3月

授業期間

第Ⅰ期A:2018年 6/25~8/25
第Ⅰ期B:2018年 8/27~ 10/6
第Ⅱ期 :2018年10/8~ 11/24
第Ⅲ期 :2018年11/26~ 3/1

目標大学

東京・京都・一橋
早稲田・慶應義塾・上智 etc

第Ⅰ期においては、「早・慶・上智大コース」等、大学受験本科各コースとの学力別(小論文・英語の2系統別)クラス編成を行いますが、東大対策講座の実施などを通して、早期(7月)から第一志望合格を目指していきます。続く第Ⅱ期以降は、国立大学入試を主対象にした授業を行います。秋に試験が実施される大学・学部の対策として、また、年明けの主要国立大学の入試突破を目指して、弱点補強・得意分野の伸長を図ります。

選抜コース

選抜コースへの認定は、主に統一試験の成績と学習アンケートの自己PR欄等の内容で選考されます。ただし開講前に実施する「第1回学力診断テスト」で優秀な成績を修めた場合も、選抜コース認定を受けられます。

CU適用・・・集中キャッチアップ制度

この制度は、学校の修了時期等の関係で、6/25の授業開始までに帰国できない方のための制度です。通常より2週間遅れの7/9のスタートとなりますが、通常クラスと同一のカリキュラムを履修します。

授業カリキュラム

第Ⅰ期クラス編成

帰国生の経歴はさまざまで、日本語と英語の能力は必ずしも一致しません。そこで駿台の文系コースでは小論文系と英語系の2系統に分けた文系統一学力別クラス編成を採用しています。第1回の学力診断テストの結果に基づき、ご本人の統一試験のスコアレベルや志望状況などを考慮に入れながらクラス分けを行います。学習の習得度に合ったクラスで、無理なく着実にレベルアップを図っていきます。

第Ⅰ期課程A ターム〈基礎力~応用力養成〉6/25~8/25

授業内容 〈 1講座 = 50分 × 2コマ × 5回

通常授業

小論文(基礎Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・対策Ⅰ・Ⅱ)

基本的な書き方から始まって、考えながら「書く」ことと、添削後に「書き直す」ことを繰り返しながらステップアップをしていきます。様々なテーマを取り扱うので、幅広い出題パターンに対応できるようになります。

英語(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)

帰国生が苦手とする文法を基礎から体系的に学ぶとともに、関連する長文問題で和訳や要約のコツを掴んでいきます。また、入試に向けての解答力を身につけます。

現代文(国語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)

すべての教科に通ずる日本語の読解力と論述力を高めると同時に、直前に控える早大共通試験などに向けての対策を実施します。

社会時事(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)

小論文作成に必要な基礎知識を、現代社会の動向を踏まえながら体系的に学習していきます。

選択講座

東大・一橋大英語Ⅰ

東大・一橋大入試に向けての対策授業をAタームから始めていきます。早い時期から高度な内容を扱うことによって、今後に向けての方向性が明確になります。

早稲田国語Ⅰ・Ⅱ

早大を始めとする難関私大対策講座です。入試傾向に即した対策と実際の過去問も授業に取り入れ、入試直前の総仕上げをします。

早大政経小論文対策

早大グローバル入試に対応した対策講座です。今までの出題傾向を綿密に分析、入試突破に必要な応用力を養成していきます。(※受験者対象)

上智大英語Ⅰ

上智大・外国語学部(英語)・文学部(英米)・経済学部(経営)を受験する方が対象です。出題傾向に合わせてしっかりと対策を行います。

文系数学Ⅰ・Ⅱ

早大共通試験(商学部)と上智大経済学部(経済学科)、青山学院大社会情報学部で必要となる数学について、基礎から学習し、応用力を養成 していきます。

私大英語Ⅰ・私大国語Ⅰ

苦手科目の克服を目指す学生のための講座です。

第Ⅰ期課程B ターム〈実戦力養成〉 8/27~10/6

授業内容 〈 1講座 = 50分 × 2コマ × 5回

通常授業

小論文(研究Ⅰ・Ⅱ・演習Ⅰ・Ⅱ・テスト)

研究授業では、頻出テーマを中心に答案作成のコツを学んでいきます。また、ディスカッションを通じて、物事を多面的にとらえる力を養成します。また、演習とテストの時間が設けられ、時間内に答案を仕上げる訓練をしていきます。

入試英語(研究Ⅰ・Ⅱ)

研究授業では、Aタームで学習した英文法の総まとめとして徹底攻略すると共に、関連する長文問題で和訳や要約の練習を行います。※国立大コースは必須、私立大コースは選択となります。

現代文(国語読解研究)

入試の国語を意識した対策だけではなく、小論文で求められる資料読解力の養成も図ります。

社会時事(研究Ⅰ)

日本や世界でいま何が起こっているのかを踏まえ、小論文をサポートするしっかりとした知識を定着させていきます。

選択講座

東大・一橋大英語Ⅱ

引き続き東大・一橋大入試に向けての対策授業を行います。一通りの事項が習得されたことを前提に、高度な長文を読み進めていきます。

上智大英語Ⅱ(営)(文・外)

Ⅰ期Aタームからの引き継ぎの講座となります。上智大入試の英語は学部によって傾向が異なります。駿台では受験生の志望に合わせて文学部(英文学科)・外国語学部(英語学科)と経済学部(経営学科)に分けて入試対策を行います。

文系数学Ⅲ

ⅠAタームから引き続き、上智大経済学部・青山学院大社会情報学部の受験対策を中心に応用力をさらに養成していきます。

第Ⅱ期課程 10/8~11/24

授業内容 〈 1講座 = 50分 × 2コマ × 6回

第Ⅱ期課程では、全科目にわたり一通りの応用力が養われていることを前提に、弱点補強と得意分野の更なる学力伸長を目指します。この時期から文系では、志望する学部系統別のクラス分けが本格的に実施され、年明けの主要国立大の合格を目指す受験生を対象にしたクラスでは、より専門的かつ高度な内容が扱われます。なお進学先が決まった学生を対象に、これから大学で勉強するにあたって必要とされる知識を身につけるための教養講座も併せて開講します。

通常授業
英文読解 英文研究 小論文テスト 社会時事研究Ⅱ 英語テスト 英語エッセイ

※小論文テスト・社会時事研究は、「法律・経済系」「人文社会系」の2系統に分かれます。

選択必修講座
東大・京大(法律系)小論文研究(+演習) 東大・京大(経済系)小論文研究(+演習) 東大(人文社会系)小論文研究(+演習) 一橋大小論文研究(+演習) 法律・経済系小論文研究(+演習) 人文社会系小論文研究(+演習)京大(法)現代文研究

※小論文研究・京大(法)現代文研究は、志望校と系統に合わせて講座を選びます。

選択講座
東大・一橋大英語Ⅲ 歴史入門Ⅰ 経済・商学部への数学Ⅰ

プレⅢ期課程

授業内容 〈 1講座 = 50分 × 2コマ × 3回

東大・京大・一橋大・阪大・埼玉大・学芸大などの年明けに試験が実施される国立大を目指す受験生には、第Ⅱ期課程からの継続講座としてプレⅢ期課程を開講します。志望校に向けての授業、面接対策のほかに、「東大模試」・「京大模試」・「一橋大模試」・「難関大模試」も実施されますので、今までの学習成果の確認をし、その結果をもとに第Ⅲ期課程を含む今後の勉強の指針となります。

選択必修講座
東大・京大(法律系)小論文研究+(演習) 東大・京大(経済系)小論文研究+(演習) 東大(人文社会系)小論文研究+(演習) 一橋大小論文研究(+演習) 国公立大対策(標準)小論文研究(+演習)

※小論文研究は、志望校と系統に合わせて講座を選びます。

選択講座
東大・一橋大英語研究 国公立大(標準)英語研究

第Ⅲ期課程 11/26~3/1

授業内容〈 1講座 = 50分 × 2コマ × 6回

第Ⅲ期課程では、東大・京大・一橋大・阪大等の難関国立大や、1月から2月にかけて実施される主要国立大学を目標に、各大学・学部の出題傾向に完全対応した大学別・学部別授業を実施します。難関国立大に向けては、志望校に向けての授業・演習はもちろんのこと、小論文の再現答案をもとに徹底的な面接対策も実施します。またこの時期は志望校に向けての細かいニーズに合わせるため、人数が揃えばご希望に応じた講座も開講しています。

選択必修講座
東大(文一)小論文研究(+演習) 東大(文二)小論文研究(+演習) 東大(文三)小論文研究(+演習) 京大(経済)小論文研究(+演習) 一橋大小論文研究(+演習) 国公立大(標準)小論文研究(+演習) 京大(法)現代文対策
選択講座
東大英語完成 一橋大英語完成 東大小論文英語エッセイ対策 歴史入門Ⅱ 経済・商学部への数学Ⅱ