通信添削小論文講座概要

帰国生大学入試 の主要科目である「小論文」に対応する力を養成するための講座です。

対象

現在、海外の現地校またはインターナショナルスクールに学び、将来、日本の大学 の帰国生入試を受験する生徒を対象とします。(及び国内在住の帰国生入試受験予定者)

設置コース

レギュラー(R)コース

16回提出 提出課題:0A~7A(必須) 1B~7B、7C(任意)
基本の項目を各2回提出できます。また、必要に応じて、任意課題にかえて、必須課題の再提出に振り替ることも可能です。(再提出を含め、添削回数が計16回となります。)

ライト(L)コース

8回提出 提出課題:0A~7Aのみ
基本の項目を各1回提出します。

特長

  • (1)受講はいつからでも始められます。受講期間は皆さんの学習状況によって、自由に設定することができます。(最長1年半:ご入金日を受講初日とします。)
  • (2)この講座では、メインテキストを読みすすめることで小論文作成に必要な基本事項を理解できるようになっています。各章では帰国生入試で頻出されるテーマを理解しやすく解説しており、無理なく提出課題の作成に取り組むことができます。
  • (3)添削指導は、専属のベテラン講師が、受講生の固有の経験と意見を積極的に取り上げ、それを尊重した上で行ないます。決して、模範答案を模倣させるだけの指導ではありません。帰国生入試に 重要な個性を大切にし、海外体験からの着眼点を発展させて、構想、論述する力を育てていきます。

特典

  • (1)「帰国生大学受験本科コース」、「帰国生大学受験準備講座(夏期・冬期)」など、駿台国際教育センターが開設する帰国入試対策コースの入会金が免除になります。
  • (2)受講生の進路や学習に関する相談に、専門のアドバイザーがお答えします。

添削指導の流れ

課題添削指導・評価を通じて、着実に小論文論述力が高まります。

①学習スケジュール

受講開始(教材発送)時に、学習スケジュール(課題提出日程)を提案します。そのスケジュールに基づいて学習計画を立ててください。

②返却

返却答案については、添削・講評に加えてチェック項目による分析と5段階の総合評価を行います。なお本講座では、細かい客観的評価を加えますので、添削された答案を読み直し、自分の長所・欠点を見つけ答案を理想のものにまで近づけることができます。

③答案の流れ 7~10日

答案作成 提出(メール添付) 駿台宛到着 返送(メール添付) 生徒宛到着 見直し